様々な分娩方法

 

分娩は、医学的用語としても使用されていますが、馴染みのある言葉では出産とも言いますね。

長い妊娠期間を経て、赤ちゃんがこの世に誕生する瞬間の行為をいいます。

 

分娩には、自然分娩や異常分娩、無痛分娩などがあります。

 

自然分娩とは、医学的な助けを借りることなく自然な流れで赤ちゃんが生れてくる事を言い、異常分娩は反対に自然な流れでは生れない、何らかの医療的な助けを受けて生れてくる事をいいます。

例えば、赤ちゃんが最後の最後でなかなか出てこれない時などに、吸引という手助けをする場合などです。これは吸引分娩とも言います。

 

また無痛分娩とは、分娩時の痛みを取り去ることで、妊婦への負担を軽くする分娩を言います。

その為、産後の回復も早く、欧米などでは90%の妊婦さんが選択しています。

日本では、自然分娩が多いですが、無痛分娩を希望する人も多くなってきました。

 

分娩時間は、予想することが難しく、人によって様々です。

1〜2時間という短時間で生まれる人もいれば、1日以上かかって出産するような難産もあります。

 

費用に関しては、妊婦健診などの費用の他、出産費用がかかります。

これは、健康保険が適用されないため全額自己負担となりますが、国や保険組合から助成金が出ますので、足らない分だけ自己負担となります。

 

最近では、出産時くらいゆっくり贅沢したいという人が増え、綺麗な部屋でフランス料理などが出たりする病院などもあるようです。

セレブ分娩とも言い、非常に人気があります。

 

洗顔石鹸